弁理士に多いストレス・悩みは?

弁理士の転職TOP >> FAQ >> 弁理士に多いストレス・悩みは?

弁理士に多いストレス・悩みは?

弁理士の仕事は、企業の新製品を世に出すために欠かせないものですので、企業からの信頼を一身に受けることになります。それだけやりがいは大きなものですが、同時に負う責任感とプレッシャーも大きくなります。ちょっとした特許申請書類のミスで、申請がボツになってしまったり、他社に上手に利用されて特許が侵害されてしまうこともあります。細部に至るまで完璧さが求められる仕事ですので、ストレスの大きさは相当なものとなります。

また、他社との競合を行っている製品であれば、いかに早く特許を申請できるかで、製品の販売ができるかできなくなるかという結果が変わることもあります。弁理士の仕事次第で企業の運命が変わるわけですから、相当のプレッシャーを感じることもありますし、期限まで間に合わせるためにハードな業務が続くこともあるでしょう。残業が続いたり休日出勤が多くなることもありますので、体力的にも精神的にも疲れてしまうこともあります。

さらに、弁理士に多いストレス、悩みとしては、実力の差がかなりはっきりとしてしまうということです。弁理士の仕事は、いかにスピーディーかつ正確に特許申請のための書類を作成するかということです。決まった様式はあるものの、それぞれの弁理士が持つ判断力や書類作成能力などによって、業務のスピードと進め方が異なってきます。そのため、実力次第で他の人よりかなり早く業務を進められる人もいれば、逆のケースもあります。同じ事務所の中でも、弁理士同士の競争が生じることもありますので、実力が勝っている人と比べられてしまい悔しい思いをすることもでてきます。こうした心理的なプレッシャーというのも、よくあるストレスの原因となります。

また、書類作成にミスがないかという心配を常に抱えながら仕事をするのもストレスの元となります。特許申請の中でも一番大きな業務の一つとなるのが明細書と呼ばれる書類作成です。この書類を作成して上司に提出した後、細かなミスがたくさん出てきて、修正をしなければならないとなると、無駄な作業が多くなりますし、上司からの評価も下がってしまいます。ミスなく書類を作成できるかどうかというのは、弁理士にとってとても大きな悩みの原因となっています。このように、弁理士の仕事には悩みも多いので、ポジティブな気持ちを持って仕事を続けていけるような気持ちの持ちようがとても大事です。楽しみながら仕事を続けていけるように、仕事の魅力をいつも思い返すようにしましょう。

弁理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

弁理士の転職の基礎

条件別の弁理士の求人

地域別の弁理士の求人

弁理士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 弁理士求人マッチング【※好条件の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.