弁理士の募集は多い時期は?

弁理士の転職TOP >> FAQ >> 弁理士の募集は多い時期は?

弁理士の募集は多い時期は?

無事に弁理士資格を取得することができたら、次に行うべきことは就職先を探すことです。例えば現在メーカーの知的財産部門などに所属している場合は、そのまま継続して勤務することも可能でしょうし、資格を取得したことによって資格手当がプラスされる可能性も考えられます。しかしそれ以外の仕事についていて、せっかく取得した弁理士資格を生かせる仕事でない限り、多くの方が転職や就職先を探すことになるでしょう。就職や転職先を探すときにはできるだけ良い条件の中から選びたいと考えるのではないでしょうか。より良い条件で選ぶためには、求人が多く出回る時期に就職転職活動を行うことですが、弁理士の求人が最も多く出てくるのはいつ頃になるのでしょうか。

基本的に弁理士の募集は通年を通して行われています。それは弁理士の資格取得者の大半以上が社会人としての経験があるからです。やはり多くの求人募集が出ると予測されるのは弁理士試験の合格発表の時期です。弁理士試験の合格発表は毎年11月くらいに行われるのですが、その時期に新たに資格を取得した弁理士を採用しようと、多くの求人が出回る傾向が見られます。また弁理士の試験は三段階になっており、一時が選択式の筆記試験、二次試験が論文、三次試験が面接となりそれにすべて合格すると弁理士の資格が取得できます。二次試験の手ごたえがかなり良かったと感じられた場合、その時期から就職活動を始める受験者も多いようです。そして面接試験の後から合格発表に向けてさらに就職活動が活発になるのです。中には弁理士資格を取得するまで働いていた弁理士事務所や法律事務所を辞めてから他の事務所へ転職するケースも少なくありません。事務所も弁理士試験合格者発表後にそういった動きがあると見込まれた場合は、早めに弁理士の募集をかけておくのです。

最初から働いてみたいと希望する弁理士事務所や特許事務所がある場合は早めに情報収集だけでも行っておいた方がいいでしょう。ホームページなどで募集が告知されることも多いため、気になる事務所に関してはこまめにホームページをチェックしておくことによって、転職準備を余裕を持ってすすめることができます。弁理士試験の制度変更により、弁理士資格取得者には実習が義務付けられました。この実習を受ける時期と就職の時期が重なってしまうと新し就職先に迷惑をかけることにもなりますので、面接のときに実習に関する質問を採用担当者にしておくと安心です。

弁理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

弁理士の転職の基礎

条件別の弁理士の求人

地域別の弁理士の求人

弁理士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 弁理士求人マッチング【※好条件の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.