弁理士に多い転職理由は?

弁理士の転職TOP >> FAQ >> 弁理士に多い転職理由は?

弁理士に多い転職理由は?

弁理士は資格と実務経験さえあれば、転職が比較的容易にできますので、転職事情はとても活発になっています。もちろん、現在所属している事務所が気に入ってずっと長く勤務を続ける人もいますが、より良い条件の職場を求めて転職を行う人もいます。

弁理士に多い転職理由の一つとしては、今まで勤めていたところよりもより条件の良い職場を求めるということが挙げられます。弁理士の仕事は実力主義の傾向が強く、業務をより早く正確に進められる人は、より高い年収が提示されるという分かりやすいものです。そのため、自分の能力をより高く評価してくれる事務所があれば、そこに移動したいと考える人は多いのです。実際に優秀な弁理士を引き抜くためのヘッドハンターも多いので、キャリアアップしやすい業界であると言えるでしょう。

また、自分の専門分野の仕事ができないという理由から転職を決意する人も多くいます。弁理士の仕事はかなり広範囲で、特許申請の業務でも工業系、デザイン系、医療系などたくさんのジャンルがあります。申請業務は基本的に同じ作業ですが、それぞれの専門分野に従って専門知識が求められますので、自分が得意とするジャンルでの業務ができないと、思うように仕事を進められないこともあります。そのため、得意な専門分野の業務をメインとしている事務所を探して転職するケースが多く見られるのです。

仕事が激務で体力的にも精神的にも疲れてしまうというのも、よくある転職理由です。仕事がたくさんあるのはいいことですが、納期が迫っていることが多かったり、スタッフ不足で残業が恒常的になってしまうこともあります。また、依頼主からのプレッシャーが強くて精神的に追い詰められてしまうこともあるでしょう。こうした激務となる仕事から離れて、もう少し落ち着いたペースで働けるところ、自分の働きやすいリズムを保って働ける事務所に行きたいという人もいるのです。

さらに、将来の独立・開業を視野に入れて、必要なキャリアを身に着けられる特許事務所に移るという人もいます。独立開業するためには、特許申請に関する業務だけでなく、経営や財務、営業などの総合的な知識が求められます。そのようなスキルを身に着けるためには、実地で事務所経営を学べるところに入るのが一番です。そのため、独立して事務所経営をしているところに入って、仕事を通して将来の独立のために備える勉強をしたいという弁理士もいます。

弁理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

弁理士の転職の基礎

条件別の弁理士の求人

地域別の弁理士の求人

弁理士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 弁理士求人マッチング【※好条件の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.