弁理士は独立・開業できる?

弁理士の転職TOP >> FAQ >> 弁理士は独立・開業できる?

弁理士は独立・開業できる?

弁理士のワークスタイルは様々です。法律事務所に勤めることもできますし、工業製品などを開発する企業に勤めて、特許申請の部門で活躍することもできます。そして、実務経験を積み信頼を勝ち得たのであれば、個人で独立・開業することもできます。将来自分の弁理士事務所を開設することを目標にして、キャリアを積んでいくというのも良いでしょう。

弁理士が独立・開業するためには、当然しっかりとしたキャリアと人脈が必要となります。弁理士と一口に言っても、それぞれの専門分野がありますので、工業関連の製品を扱うか医薬品を扱うか、情報産業の特許をメインとするかなどを自分の中で決めておくと良いでしょう。そして、その分野でのスキルを積んでどんな仕事でも受けられるようにしておくのです。個人で特許事務所を開設して働くのと、企業の中で業務を進めていくのとでは仕事の範囲がだいぶ違うものです。特許事務所を開いて仕事を請けるとなると、かなりいろいろなタイプの製品を扱うことになりますので、より幅の広い知識と対応力が求められます。そのため、キャリアを積むために、広範囲に亘る製品を扱っている会社を選ぶようにしましょう。

こうした点で、将来独立を考えているのであれば、独立した事務所を構えている特許事務所に就職するのがベストでしょう。そこで、どのように仕事を請けてきて、どのように業務を進めていくかを実地で見ることができます。また、自分で事務所を開くとなると、必要な機器の導入や会計の方法などを学ぶ必要があります。特許事務所で働くことで、具体的にどのような方法を採っているかを自分で確認できますので、将来大きな役に立ちます。

さらに、個人で独立・開業するとなると、人脈作りも重要です。特許申請というのは一般から広く仕事をもらえるタイプの仕事ではなく、一部の限られた企業から依頼を受けるしかありません。それで、キャリアを積んでいる中で、いろいろな企業との交流を深めて、将来仕事をもらえるような人間関係を構築していくことがどうしても欠かせません。場合によっては、所属していた特許事務所から仕事を分けてもらえるということもありますが、あまり他力本願的な考え方をせず、新しく仕事をもらえるように努めるようにしましょう。事務スタッフなども必要となりますので、会社経営のノウハウについても学んでおくことは重要ですし、財務に関係する知識も持っている必要があります。

弁理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

弁理士の転職の基礎

条件別の弁理士の求人

地域別の弁理士の求人

弁理士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 弁理士求人マッチング【※好条件の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.