激務でない弁理士の求人

弁理士の転職TOP >> 条件別の弁理士の求人 >> 激務でない弁理士の求人

激務でない弁理士の求人

比較的自分の時間を大切にできる弁理士の求人案件には、どのようなものがあるのでしょうか。まずは、一般企業の知的財産部や法務部などの求人案件はおすすめです。これらの部署はあくまでも企業に数ある部署の一部ですので、勤務形態はほかの社員と同じです。もちろん企業の勤務スケジュールに準ずることになりますが、土日や祝日、会社が定めた休日などはお休みになりますので、オンとオフをきちんと切り替えることができます。時には残業もあるでしょうが、休める日が確保されていますので、心理的なストレスはそれほどないのではないでしょうか。

また、大手の特許事務所や弁護士事務所でも、弁理士資格をもったひとを対象とした求人案件を提供していますが、こちらもおすすめです。大手の事務所では大規模案件を中心として数多くのプロジェクトを取り扱っていますが、弁理士スタッフも多く在籍していますし、プロジェクトにアサインする際にもメインとサブのスタッフを必ずセットで配するなど、複数人のスタッフで案件を担当するように工夫をしています。そのため、案件が立て込んだ繁忙期は難しいかもしれませんが、同僚に任せてお休みをとることも可能です。

というのも、大手の事務所では近年話題になっているワークライフバランスへの配慮を進めているところが増えていますので、働いているスタッフの勤務スケジュールもできる限りフレキシブルになるように、いろいろと工夫をしているからです。それぞれのスタッフの勤務環境を改善できるように、余裕をもってスタッフィングを行っているメリットを、こんなところで享受することができます。

このように、激務でない弁理士の求人案件を探すのであれば、比較的大規模な事務所をピンポイントであたってみるのもいいでしょう。ほかにも、公的な組織でもカレンダー通りの勤務スケジュールになっていることが多いので、もし求人案件が提供されているようでしたら、内容を検討してみてもいいかもしれません。

求人案件の内容を検討する際には、代休取得制度などが設定されているかも確認するようにしましょう。大手の事務所であっても、上に書いたように繁忙期などではどうしても休むことができないことがもちろんあります。その分、休めなかった日数を別の時期に代休で取得することができるのであれば、それほどストレスを感じることもないでしょう。個人事務所であってもフレキシブルなスケジュールを導入しているところもありますので、まずは求人案件の詳細を確認することから始めましょう。

弁理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

弁理士の転職の基礎

条件別の弁理士の求人

地域別の弁理士の求人

弁理士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 弁理士求人マッチング【※好条件の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.