正社員の弁理士の求人

弁理士の転職TOP >> 条件別の弁理士の求人 >> 正社員の弁理士の求人

正社員の弁理士の求人

転職する際にどうしても気になるのが、年収のことでしょう。収入のことを重視するならば、まずは大手の求人案件から探してみることをお勧めします。大手の事務所であれば相場は年収700万円以上となっています。日本企業は海外のマーケットに市場を求めているので、そうなると海外での特許申請は必須です。それで英語を流ちょうに話せる弁理士が必要とされています。中国語などその他の外国語も自由に操れるなら尚良いでしょう。

そのため外国語のスキルをお持ちの弁理士であれば、好条件にて採用されることもあります。さらに外資系企業の求人も、高収入の求人案件として注目されています。日本のマーケットを求めて海外から進出してくる場合、日本の特許庁にて知的財産権の申請登録をする必要が生じます。それで日本の特許事情を知り尽くしている弁理士が求められており、キャリアによっては好条件での転職が可能となります。条件さえ合えば、年収1000万円も可能です。

あなたがまだ若手でこれから経験を積んでいきたいと考えているのであれば、転職先として検討可能な範囲はかなり広いでしょう。自分の適性と、将来どのようなフィールドで活躍したいかを考慮に入れて候補を絞り込んでいくことができます。中堅層は転職マーケットにおいてニーズの高い年代といえます。求人案件も大企業の知的財産部や法務部、特許事務所、外資系企業などバラエティに富んでいます。社会人としての経験も積んでおり、即戦力としての働きも期待できるので、転職を有利に進めることができるでしょう。ベテラン層になってくると、マネージメントの領域での働きも求められるケースが増えてきます。弁理士の新人教育や管理的なポジションでの求人を探すことができます。前職において営業職や管理職の経験をお持ちの方であればそのキャリアを生かし、例えば個人事務所におけるマネージメント登用も可能かもしれません。

基本的に正社員の募集は通年を通して行われていますが、多くの求人が出回る時期があります。それは弁理士試験の合格発表がある11月頃です。その時期に新たに資格を取得した弁理士を求めて多くの求人が出回るようです。より良い条件で転職先を選ぶため、時期的な要素も考慮に入れると良いかもしれません。弁理士の合格者は年々増加傾向にあるため、資格があれば安泰という時代ではなくなってきています。そして日本国内だけに限らずワルードワイドな活躍が期待されており、将来性のある職業なのでエキスパートとして高いスキルを持った弁理士の需要は高まっているのです。

弁理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

弁理士の転職の基礎

条件別の弁理士の求人

地域別の弁理士の求人

弁理士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 弁理士求人マッチング【※好条件の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.