キャリアアップできる弁理士の求人

弁理士の転職TOP >> 条件別の弁理士の求人 >> キャリアアップできる弁理士の求人

キャリアアップできる弁理士の求人

近年、弁理士の活躍の場は広がりつつあります。また業務も特許出願業務にとどまらず、知財に関するコンサルティング業務や訴訟処理、海外における特許出願など多岐にわたります。そのため、どこに就職するかでその後のキャリアが変わってくることになります。それで転職市場の需要だけでなく、自分の将来の方向性を考えながらしっかり情報収集するなら、スムーズに転職することができるでしょう。

最近では企業内の知財部への転職を希望する方が増えています。新卒採用や研究開発部をへて知財部に配属になるケースが多いようですが、特許事務所で経験と実績を積んでから転職されるケースもあります。企業の知財部門で特許申請にかかわるのであれば、基本的にはその企業が扱っている製品を専門とすることになります。それで幅広い分野に関して経験を積むことは難しくなるかもしれませんが、特定の分野に関してはスペシャリストになることができます。

そうして将来、同じ分野を扱う企業により良い条件で転職することも可能になります。大手の特許事務所に就職する場合も、仕事が分業化されているケースが多いため、特定の業務分野に精通することができるでしょう。大手の企業や特許事務所では、新卒組や未経験の転職者のために独自の教育制度を設けているところも少なくありません。弁理士として難関の資格を取得しても、一人前になるためには何年もかかるものです。それでまずは、研修システムや教育制度の整っているところに就職して経験を積んだり、しっかりと基礎固めをしたりするという方法もあるかもしれません。

中小特許事務所での勤務を希望するのであれば、いろいろな分野の特許申請にかかわることができるでしょう。担当分野は決まっているものの、それ以外を担当することもあるため幅広い知識が身につきます。外国業務においても、国内出願から外国への出願まで一貫してかかわれる事務所も多数あります。一人でカバーする業務範囲が広いことが特徴といえるでしょう。また将来独立したいと考えているのであれば、小規模な事務所に入って必要なノウハウを学ぶことができるかもしれません。独立開業するためには、特許申請に関することだけでなく、経営、財務、営業などの知識が必要になってきます。そのようなスキルを身につけるには実地で学ぶのが一番でしょう。さらに、知的財産の紛争処理などを専門にしたいならば、法律事務所に入ってキャリアを積むという手段もあります。

弁理士の転職は、技術的な背景や過去の経験だけではなく、将来自分がどんな弁理士になっていたいかを想像し、そのために自分をどうアピールするかが大切になってきます。

弁理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

弁理士の転職の基礎

条件別の弁理士の求人

地域別の弁理士の求人

弁理士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 弁理士求人マッチング【※好条件の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.