弁理士のやりがい

弁理士の転職TOP >> 弁理士の転職の基礎 >> 弁理士のやりがい

弁理士のやりがい

弁理士は、とてもやりがいのある仕事です。これまでもそうでしたが、今後はますますその傾向が強まるでしょう。従来の弁理士の仕事としては、個人の発明家のアイディアや、企業の新技術の開発などにあたって、これまでの技術とは異なる新しい技術の開発をサポートし、特許を獲得するための手助けをすることにありました。特許の審査をパスするためには、数々の専門的な書類を用意しなければならず、素人ではなかなか手の出ないものです。そこで、特許のプロとして弁理士が仲介することによって、特許庁とのやり取りをコーディネートしてあげるのです。

特許が無事に通ったときの喜びは、やはり何物にも代えがたいものです。何年も、場合によっては何十年も開発されてきた新しい技術などにユニークな権利を与えることができるからです。日本では、知的財産についての権利がひと昔前まではあまり大切にされることがありませんでした。日本の商品や製品はその品質の高さで世界的に知られており、ほかよりも抜きんでた特徴として認知されていたからです。しかしながら、最近ではほかのアジア諸国の生産技術が進歩したことに伴い、品質の高さだけでは物が売れない時代になっています。そこで、アイディアそのものを商品として差別化すること、つまりはプロパテント政策の促進が行われているのです。

この流れに従って、弁理士の働きの場も、単に特許の申請を代理で行うだけでなく、特許を取得したあとのフォローアップ、あるいは特許を取得するずっと前、製品開発の段階からメンバーとして参加するなど、より幅広くなってきています。特許取得後のフォローアップとは、特許権の活用ということであり、取得した知的財産権がほかのものに侵害されていないかを逐一チェックし、問題があれば法的な手段を講じて対策を行います。ニュースで知的財産権の侵害訴訟について目にする機会も増えてきましたが、こういった訴訟に参加し、無事に勝利を勝ち取ったときも、弁理士をやっていて良かったと思える瞬間です。

そして今後ますます注目されるのが、製品開発の段階から弁理士として立ち会う機会が増えるということです。これは、特許をスマートに取得するためには新しい技術のどの部分をフィーチャーしていくべきなのか、ということについて開発者とともに考える仕事です。特許のスペシャリストとしての経験や実績を生かせるフィールドですし、もくろみ通りに特許を取得することができれば、その喜びははかり知れないものがあります。

弁理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

弁理士の転職の基礎

条件別の弁理士の求人

地域別の弁理士の求人

弁理士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 弁理士求人マッチング【※好条件の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.