東京都内の弁理士の求人

弁理士の転職TOP >> 地域別の弁理士の求人 >> 東京都内の弁理士の求人

東京都内の弁理士の求人

東京都内には、世界的に有名な大企業のオフィスや日本を代表する大手企業の本社、さまざまな分野で業務を行う外資系企業の東京支社、大手の特許事務所や弁護士事務所など、弁理士が働くことのできるフィールドが、実に多彩に揃っています。求人案件も弁理士になりたての新人向けのものから、経験豊富なベテランを対象としたハイクラスな求人まで、経験や希望に応じて選ぶことができるほど、さまざまです。もちろん、20代から30代の世代を対象として、弁理士資格を取得していない人材から積極的に採用を行う、ポテンシャル採用を実施しているところも少なくありません。

そこで、まずあなたが弁理士の資格を持っていないのであれば、ポテンシャル採用の求人案件に絞って検討を始めましょう。このような求人を行っているのは、大企業の知的財産部や法務部、大手の特許事務所や弁護士事務所などがあります。これらの組織においては、まだ弁理士としての仕事を行うことができないスタッフを対象として、弁理士資格を取得するための知識やノウハウを教えたり、弁理士として働くうえで知っておかなければならないナレッジについて教育したり、研修・教育システムが確立されているところが少なくありません。

もちろん、転職活動をする前に弁理士資格を取得してみるという方法もあります。民間の研修機関や通信教育会社では、弁理士資格試験対策の講座を提供していますので、仕事をしながら平日の夜や週末に勉強を進めることが可能です。弁理士資格試験は毎年1回開催されていますので、チャンスを逃さないよう計画を立てて行うようにしましょう。試験内容は短答試験、論文試験、口述試験の3段階に分けて行われます。5月の1次試験から10月の3次試験まで、長丁場になります。

すでに弁理士資格を取得しているのであれば、転職先はさらに広がります。中小規模の特許事務所や弁護士事務所の求人案件、英語力を活用して仕事をしたければ、外資系企業の求人案件も魅力的です。弁理士として働くうえで必要とされるスキルは、理系、工学系の専門的な知識、開発経験などだけでなく、営業職などの経歴、英語をはじめとする語学力、そして何よりもコミュニケーション能力の高さ、などがあります。弁理士はもちろん専門的な知識を必要としますが、審査官との交渉を進めたり、国内外の人々と協力して案件を進めたりと、思ったよりも社交的で会話力の高い人材が求められています。

弁理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

弁理士の転職の基礎

条件別の弁理士の求人

地域別の弁理士の求人

弁理士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2022 弁理士求人マッチング【※好条件の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.