大手の弁理士の求人

弁理士の転職TOP >> 条件別の弁理士の求人 >> 大手の弁理士の求人

大手の弁理士の求人

スタッフを100人以上抱えるような大規模な特許事務所など、いわゆる大手の求人案件には魅力的なものが数多くあります。まず、給料や年収といった収入面においても、大手の特許事務所であれば相場が700万円以上となっていますので、転職先をチョイスする際に収入を重要視するのであれば、まずは大手の求人案件から探してみるといいでしょう。

また、大手の求人案件は、弁理士になりたての新人レベルを対象にしたものから、ある程度キャリアを積んだベテラン向けの求人まで、バラエティに富んだラインナップになっています。弁理士試験になんとか合格して、転職を機にこれから弁理士として研鑽を積んでいきたいと考えたとき、中小規模の事務所では新人を新卒採用組に限定し、中途採用は経験者のみとしているところも少なくありません。その点、大手事務所であれば、社内に独自の人材育成制度を導入していたり、専門の教育スタッフを配していたりするなど、研修制度が整備されていますので、中途組の新人を採用する余裕があるのです。これは大きな違いと言えますね。

今度は、大手一般企業の知的財産部や法務部に転職するケースを考えてみましょう。大手企業では、昨今のグローバル化の波に乗って、今後ますます海外への進出が加速していきます。そんななかで、知的財産部や法務部においては、自社の商品や製品に使用されている新技術や先端技術について、日本だけでなく海外においても特許を取得していく業務を担っています。また、これから新しく開発を行うにあたって、そこに含まれるべき新しい技術を特許として申請するポテンシャルがどの程度あるか、その技術で特許を取得することによって、グローバルな展開をさらに加速していくことができるかどうかなど、特許をベースにして戦略的な展開をどのように描くことができるのかを検証していきます。

このように、大手企業で弁理士として働くことは、特許の事務的な手続きを行うだけではなく、企業の開発戦略のメンバーとして働くことを意味します。仕事の現場では、もちろん英語をはじめとする外国語を自由に操ることのできるスキルも求められるでしょう。大手企業の求人案件を自分のものとするためには、仕事に役に立つスキルをどれだけ多く持っているのかがキーとなるでしょう。採用されれば、大きく世界に羽ばたくためのフィールドが用意されています。

大手企業で弁理士の資格を生かして働くことは、ビジネスマンとしての自分への挑戦でもあります。その可能性があるのであれば、思い切って挑戦してみてはいかがでしょうか。

弁理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国


TOP

弁理士の転職の基礎

条件別の弁理士の求人

地域別の弁理士の求人

弁理士転職のFAQ


Copyright (C) 2015-2018 弁理士求人マッチング【※好条件の転職先が見つかる!】 All Rights Reserved.